大切なペットを皮膚病で苦しめないための秘策

飼い主とペット

愛犬の冬の寒さ対策

トイプードル

冬にあまり強くない犬種

犬といえば夏は弱いが冬は強いイメージがありますが、中には冬に弱い犬種もいます。代表的な例で言うとトイプードルがそうですが、実はそこまで体調が季節によって左右されません。家の中で飼うことが前提ですが、大事なのは室温です。平均的な冬場の室温は28℃前後、湿度は40〜60%ほどが理想のようで、温かい環境を好むようです。人間がちょっと暑いかなと感じる状態とほぼ同じです。ストーブやハロゲンヒーターなどを使ってしまうと、もしかしたらの事故があるかもしれません。そのためストーブなどに近づけないような、金網のカバーを設置することが大事です。他には、ペット用ヒーターなどの物を使うか、エアコンのみで暖房をつけたほうが無難です。ここまで書くとトイプードルのイメージとは随分違いますが、犬の中では体温が高い方だと言われています。冬場の寝床にも工夫が必要です。常時エアコンで暖房というのも良いかもしれませんが、乾燥なども心配なので、ペットヒーターの利用が良いかもしれません。トイプードルの大きさに合わせた物で良いので、いつもいる場所に敷いておき、移動できる空間を確保してあげれば快適環境の出来上がりです。居場所全てにヒーターを敷いてしまうと、トイプードルは暑さでも体調を崩してしまうおそれがあるので、一部のみに敷いてあげてください。夏場は逆にヒーターではなく、冷感シートのようなものを敷いて室温は26℃くらいに設定してあげてください。これでトイプードルは年中快適に過ごせます。