大切なペットを皮膚病で苦しめないための秘策

犬と猫

換毛期をスムーズに過ごす

換毛期が比較的楽と思われがちな柴犬ですが、体毛は見た目以上に密度が濃く抜け毛の量はかなりの量になります。その時期をスムーズに過ごすにはブラッシングが欠かせず、その行為を受け入れるにはブリーダーなど柴犬に詳しい方に育てられていることが理想です。

トイプードル

愛犬の冬の寒さ対策

トイプードルは冬の寒さに強くなく、大体28℃くらいの温度を維持してあげなければ体調を崩しやすくなってしまいます。体調管理にはエアコンなどが良いが、寝床などにも暖房が必要なためペットヒーターが良いです。ただし暑さからの逃げ場を作ってあげてください。夏場は冷感シートなどを利用し室温は26℃にしましょう。

チワワ

購入するとき注意すること

ペットショップではなく、ブリーダーから直接チワワを購入する際には、必ず犬舎を見学しに行き、親犬を見せてもらいましょう。もし、犬舎の見学や親犬を見せてもらえないなら、そのブリーダーから購入するのは避けたほうがいいでしょう。

普段と違う動作をしたら

獣医

表れる症状に注目し

皮膚病は、動物病院にかかるペットの中でも多くみられる病気なのだそうです。ノミやダニなど、飼い主の目に見えるものから、判断が難しい場合もあります。そこで、ペットの皮膚病の特徴や見分けかたなどをいくつか紹介したいと思います。まず、飼い主にとって見分けやすい皮膚病のポイントは、ペットが体をかゆがっている場合です。犬などは退屈しのぎで体をかくこともありますが、体の同じ部分を何度もかいたり、毛が抜けたり、フケが出ている場合は気をつけて見てください。ノミの場合はノミがいたり、体に赤いプツプツが見られたりノミのフンが見つかることでわかりますが、人間にも感染する可能性もあるので注意が必要です。フケは古い皮膚が剥がれたもので、人間にも見られるものですが、ペットの場合はダニやカビが原因の可能性があります。自宅でペットのシャンプーをする飼い主さんも多いですが、きちんと毛をかわかさないままにしているとカビの発生する可能性が高くなります。シャンプー以外の、雨の日の散歩などでもドライヤーできちんと乾かすようにしてください。ただし、シャンプーなどからアレルギー性の皮膚炎が起こることもあるので注意してください。また、外的な要因だけではなく、精神的なストレスが原因でおこる場合もあります。ペットがストレスを解消するために、体をなめすぎると皮膚炎になる場合もあります。皮膚病は薬で治療できますが、ストレスの場合は原因を探る必要がありますので、毎日のペットの観察が大切です。